プロフィール

眼鏡兎

Author:眼鏡兎

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
トマト色素
ピンクグレープフルーツの蒟蒻畑美味し過ぎて、一日で4袋全て消費してしまった。
これは白桃越えたな!
・・・こんなしょうもない生活していていいのかなぁ。
みんな真面目に働いている(と信じたい)中で、
自分だけが無為徒食の日々を送り 老いてゆくのを 最早諦観した面持ちで云々・・・。
スポンサーサイト
【2010/03/31 02:35】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
農学部
そういえば、もう大学が始まるからケンタッキーでバイトしてた生徒も引っ越してしまったでしょうね、
結局、一度も行かなかったけど悪い事をしました。
最期くらい担当官らしい事をしてやれば良かったですよ。
アンジェみたいな良い子だったんですが。
【2010/03/30 03:30】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
午後の教室
愛娘達が浪人コースの手続きをしたと担当者から報告がありました。
ざんげちゃん、私には まだ貴方が必要です。
【2010/03/29 03:52】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
秘密往復書簡
東洋様死亡!!
随分恰好良く描かれているな!!
【2010/03/28 03:42】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
有田焼
ミスドのポイントが800ちょいで足踏み状態。
ライオンのぬいぐるみを何とかして欲しいのですが、あと一月で有効期限切れとなります。
【2010/03/27 04:06】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
カミツレ茶
パーキッツ流れてきた。
この季節になると、とーちゃんは昔の事を思い出すよ。
4・5・6月辺りまでこの強烈な五月病と言うかホームシックな感じが続くと思うと更にまた気が滅入る。
でも悲劇好きな日本人なので、この感覚が無くなったら無くなったで寂しい。

ときに、西?の魔女が死んだって本を薦められて読んだのですが、
タイトルからしてライトノベルみたいなもんだと思ったらあながち間違いでもなかったです。
魔法遣いに大切なーみたいな。
【2010/03/26 03:09】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
パスタの国
かつての生徒がバイトしてるパスタ屋に行く。
誕生日だったのでちょっとだけ安くしてくれた。
【2010/03/25 02:28】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
カリキマカ
写真を撮る度に気になる ほうれい線と白髪。
【2010/03/24 01:53】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
ルーブルへ行く
え、SBR描きながらこれも描いてたの?
【2010/03/23 01:58】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
ちょっとおかしい
砂時計を買ってきて、ひっくり返す作業を繰り返す。
スパイダソリティアの勝率も八割を超えた。
【2010/03/22 03:21】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
フミエ「ひゃくまんえん」
一日おきに休日、本当にやる事が無い。
一日の半分以上を眠って過ごすがこういうときは悪夢ばかり見る。
決まって昔の夢ばかり、目が覚めると軽いうつ症状で、一日が長い。
【2010/03/21 03:17】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
ドリル
数日前に書いた同人誌処分の件ですが、2004-2005辺りの地層で、
金目鯛先生とか超好きだったんだな、と思わせるラインナップでした。
当時を懐かしく思うと同時に金目鯛先生今何してらっしゃるのかなぁ、と。
【2010/03/20 02:30】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
山小屋
ずっと気になっていた絵の作者が同人出してたと知って絶望する。
2009年のが初めての本だったっぽいから入手は困難だろうな・・・、クソっ!!
具体的に言うとポケモンのやつ、シロナさんとモミさんとメリッサさんとか良いセレクトです。
あれだけの方がまだ売り出し中とは、うーん。
【2010/03/19 02:28】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
お体に障る
鬼鮫さん生存しているみたいですね、良かったです。
お気に入りのキャラ達がことごとく退場し、そろそろNARUTOも読むの止めようかと思ってましたが、
流石に嬉し過ぎますね・・・。

ちなみに3月18日は、鬼鮫さんの誕生日でもあるらしいです、おめでとうございます。
【2010/03/18 03:56】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
白いたい焼きは嫌い
別の地区の校舎に遠出する事が増えた。
海と山に挟まれた辺境だが、数人のおばさんが切り盛りしてる手作り弁当の店や、
ケバいけど接客の丁寧なねーちゃんのたい焼き屋に行くのも少し楽しみではある。
アニメの話じゃないです、実話です。
【2010/03/17 02:16】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
怯える肌に触れるショコラ
こうめちゃん泣かすなよ・・・。
メダル云々の独白で残酷さが引き立てられて
大人の着ているシャツの白さにまで腹が立つ展開です。
【2010/03/16 03:47】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
新たな人材
いや、ミクはよくわかんない。
というか、今更な感じもしますが。
前に聴いたワールドイズマインって曲は好き。
【2010/03/15 02:22】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
暗夜行路
稀に名作も読んで知性をアピールしたりする、てへぺろ。
【2010/03/14 02:18】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
2005夏
古い同人誌を少しだけ処分しました。
こうやって熱情を忘れてゆくのでしょう。
寂しいですね、寂しいですね。
【2010/03/13 02:15】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
DROP
奥華子とか聴いて泣くとか言ったら笑われそうですが。
まぁ、特にこの季節は好きなんですよ。
【2010/03/12 02:05】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
静かな大団円
え、ヴォルケンのフォローこれだけ?
【2010/03/11 04:10】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
僕は、右代宮絵羽ちゃん!!
僕は、右代宮絵羽ちゃん!!
【2010/03/10 01:40】 | 僕は、神山満月ちゃん! | トラックバック(0) | コメント(0) |
ベクシンスキーの心境
流石によつばと!だけでは共通の話題に乏しい。
【2010/03/09 03:05】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
文学少女だけだろ
以前教えてもらった、男子高校生の日常って漫画のスレが立ってました。
内容自体は風使いの話のみ瞬間風速って感じですが、割と足の匂いかぎたい女の子ばっかりですね。
【2010/03/08 02:41】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
シェラネバダ
舞太の口元が気になって夢にも出てくる。
今日も早めに寝ます。
【2010/03/07 01:54】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
村井秀清
世界ふれあい街歩きのDVD買おうか本気で悩みます。
ほぼ毎回あると言っていいED辺りのナレーションが好きでしてね、
あの番組冒頭で出会った人の事を思い出すシーン。
ああいうのを見ると地理の授業も真面目に受けるべきだったかと思うのでございます。
【2010/03/06 02:04】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
ガッカリ乳首姉妹
(割と)好きな声優がエロゲ声優も兼業していると知って 急いで検索。
エロゲ声優の名義でもラジオやってる事がわかり、早速聴いてみるんだけど、
当然、別人としての振る舞いになっているわけで、知らない方が良かったかなぁ、と。
何となく落ち着かない感じで、不安定な気持ちになる。
【2010/03/05 02:56】 | ラジオ | トラックバック(0) | コメント(0) |
月落ちて天を離れず
翌日、冷静になってから見直す日記が恥ずかしいのは、不変の真理。
【2010/03/04 03:30】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
濃厚みかん
いや、やっぱ彩京さんかもしらん、ああいうのに飢えてる。
【2010/03/03 03:36】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
かなしそうな顔
今日、仕事帰りにすれ違った人、絶対中学生の頃の同級生だよなぁ。
割と仲の良かった女の子なんですが、酷薄な目に当時の面影を残しつつもとても綺麗になってました。
目が合って、お互いいぶかしむような表情になったところを見ると向こうも気付いたか、
こっち見んなよ、キモい なのか、恐らく後者でしょう。
実際、私も異様に老け込んだので、風貌からは判断しかねたやもしれませんが、
何ともセンチメンタリテートをくすぐる邂逅でした。
【2010/03/02 03:06】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
ホーム ススム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。